軽貨物運送で楽々物流~大切な荷物を素早くお届け~

大型車

車両運送

トラックの帰り便とは

作業員

バイクを中古で購入した場合、中古車販売会社からトラックでユーザーの元へ送られてきます。この輸送代と言うのは今まで結構な額になっており、バイクに限らず車であっても結構な負担でした。そこで以前から注目されるようになっているのが、帰り便を用いた車両輸送です。帰り便と言うのは、その名前の通り、荷物を運んだ後の空になっているトラックを利用して荷物を運ぶ事です。ただし車の場合、車載車と呼ばれる車を積むためだけの用途のトラックを用いる必要があり、普通の平ボディのトラックを用いて運ぶ事は困難でした。しかしバイクの場合は平ボディや箱ボディであっても、ロープで固定してしまえば輸送ができますので、この帰り便を用いたバイク輸送は増えていくと予想されます。

帰り便を使う際の注意

帰り便を使ってバイクを輸送すると安上がりになると上の段で述べました。しかし帰り便はいいことばかりではありません。帰り便はその名前の通り、荷物を運んだ後の帰るトラックを用いる為、行きのトラックのように正確な時間指定はできません。また場合によっては車庫までしか走らない時もありますので、その場合は運送屋さんの車庫までバイクを取りに行く必要があります。特に車検を取っていないバイクを引き知りに行く場合は、仮ナンバーを事前に取得しておくか、少し追加で費用がかかっても、整備工場まで走ってもらえるよう、運送屋さんにお願いしておくと良いでしょう。実際運送屋さんも空でトラックを走らせるよりは良いので、少しはずめば快く引き受けてくれますよ。