軽貨物運送で楽々物流~大切な荷物を素早くお届け~

作業員

発送を代行

作業員

ネットショップを運営するときに便利な発送代行は、コスト削減や送料が安くなるなどの特徴があり、しかも仕事の効率化をすることができるので、今後のネットショップ業界においてかなりメジャーなサービスとなるでしょう。

物を買う

大型車

時代ごとに、人も社会も大きく変化して行きます。その中にあって、ニーズも大きく発展や衰退を繰り返します。車の購入から自宅への陸送に至るまでの過程を見ても、今の社会独特の傾向ということができます。そのような中にあって、情報を正しく見極め、自分に本当に益となる仕方で、それを活用して行きたいものです。

チャーターや3PLも対応

利用料金についての注意

大型車

一般的な運送サービスと違って、軽貨物の利用料金はやや特殊な面があるので注意が必要です。まず運賃についてですが、定額ではなく距離による従量制となっています。例えば届け先まで10kmの距離を要するならば1,800円、100kmの距離ならば16,000円といった具合で距離によって料金が違ってきます。 また軽貨物はドライバーに積み込みや積み降ろしを頼めるという特徴があります。その際にも荷役労力費として別途料金が生じるので、気をつけておきたい点です。 また日曜や祝祭日、深夜早朝の利用は割増料金が掛かるのが一般的です。これらの料金に関しては、事前に軽貨物業者のウェブサイトで確認できるので、利用前に調べておくのがベストです。

BtoBでの需要が高まる

現在の軽貨物運送事業は、個人と事業者の双方の需要から成り立っています。個人ならば急送依頼や引っ越しといった需要が、事業者からは企業専属便やルート便といった需要があります。 今後の軽貨物はとりわけ事業者、すなわちBtoBの需要が高まると言われています。その理由は物流コストの削減を考える事業者が非常に多くなっており、これまで年間で運送会社と契約をしていた事業者が、繁忙期のみの運送に切り替えたり、スポット運送を活用するようになり、それらの運送を得意とする軽貨物の需要が高まっているためです。 また3PL、いわゆるサードパーティーロジスティクスを導入する軽貨物事業者も増えつつあり、物流業務をトータルで提供するケースも見られるようになっており、やはりBtoBでの利用が増えると予測されます。

車両運送

作業員

バイクの輸送をする場合はトラックの帰り便を用いると安く運送代を上げる事ができます。ただし、通常のトラック便と違い場所指定ができない場合があります。その場合は少し運賃をはずめば目的地までトラックは走ってくれます。